2年ぶりの塩原

めずらしく誘われたので塩原に行ってきました。

完全にオフモードでデブ活中、当然ルーフで動ける気もしませんが、なにやら難しい課題が登れそうということで、完登を見届けるのがメインです。

知り合ってから数年トライし続けているので、その完登の瞬間に立ち会えたら嬉しいな。

 

集合場所まで家から離れているので、てくてくとマットを背負って40分歩きます。さすがにこの時間にマット背負って歩くのは恥ずかしい、、、

マットを積み込み、9時前に出発して、11時過ぎに到着。

先客は一人で、ルーフは貸切状態。のんびり登れるので最高。

 

とりあえず、せっかく来たのでカランバをやってみることに。岩のコンディションはかなり良いです。なんとか一手ずつバラせましたが、今の力では登れそうにありません。

手数の多い課題は苦手なので、もう少し持久力をつけて指と体幹を鍛えたほうが良さそう。改善点が分かっただけでもやってよかった。

 

 

なにやら難しい課題をやっている彼ですが、あまり調子が良くなさそうです。車中では、ほぼ寝ていて、到着してからもずっと寝ています、、、

ようやく1時間ほど経ったところで、準備を始めました。同じ岩で登っている猛者がいるようで、かなり気にしているような感じ、、、登るラインが被ってて登りづらいのかなぁ。

強い人が見ていてちょっと萎縮気味かな、、自分のペースで登るタイミングを見失っているように見えた。

ついに意を決して登り始めると、iPhone片手に彼の登りを見届けます。3手目で背中から落ちて悶絶、マットはあったようだけど、薄手だったのでかなりの衝撃があったみたい。

 

完全に気持ちが折られてしまったように見える、、、昔の彼ならロキソニンを飲んででもトライを続けたのかもしれないが、やはり難しい課題ということもあって、無理だと判断してしまったよう。

しばし休憩をはさみ、再トライするが、やはり痛みが気になるのか、3手目で落ちてしまいました。その後、彼はトライすることもなく、撤収ムードです。

  

私ももうルーフをやる力もなかったので、昔登った破壊王ニコルをやってみることに。岩のコンディションが良かったせいか、ポッケもカチもかなり保てて、なんとかリピートに成功。

これならドボン、ナラドあたりをトライしてもよかったかもなー。

 

すぐに片付けて、16時には帰路につきました。こんな早く帰るのは久しぶりだけど、体的にはめっちゃ楽だー。

帰りの彼は相変わらず爆睡です、、、落ち込んでるのかと思ったけど、あんまり気にしてないのかな?

残念ながら見届けることはできなかったけど、そう遠くない日に登りそう。

また瑞牆へ

前回が楽しすぎたので、また瑞牆へ。勝手もだいたい分かったので少し気楽です。

もうすぐゲートが閉まるということで、今シーズン最後の瑞牆です。

 

9時前に到着するように車を走らせ、みずがき山自然公園に到着。今回は、初めてのエリアに行ってみることにしました。

気になっていた「皇帝」と「ヴォック」です。ついでにいずれやってみたい「言葉と物」も見学したいのです。

 

この日はかなり寒く、最低気温-3度でした。まずは、トポを参考に言葉と物がある岩に向かいます。途中迷ってウロウロしていると、なぜか皇帝岩に着いていました。

さすがに誰もおらず、静まり返っています。なんだかこれだけ静かだと怖いですね。

 

近くにベンチなどもあって、みんなとワイワイするには良さそうな岩です。意外と大きくて、低グレードから高グレードの課題もあったりでいいですね。

 

まずはアップがてらに「ロイヤルポケット」をやりました。アップにちょうどいい課題で、ほどよく高さもあって楽しいです。

続いて、皇帝をやってみることに。想像以上にホールドが悪くてびっくりしました。この悪いホールドで飛び出すなんて、信じられません。

あまりに寒くてホールドのフリクションを感じないのもきついです。最近気づきましたが、寒すぎて指が乾きすぎる?と指先の感覚が悪くなる気がします。これがいわゆる弾くってやつなんでしょうか。なにか対策したいですね。

 

いつもならここでマシンガントライをしてしまうところですが、タナトフォビアの反省を活かして冷静にムーブを探ることにしました。

ホールディングと足位置を落ち着いて探ってみると、一手目の持ち方と右足に重心を置いて飛び出すことで、安定することが分かりました。

マントルも意外と悪くて、バラしておかないと余裕で落ちれます。

 

その後、繋げトライして何とか完登。落ち着いてムーブを組み立てれば登れるという良い経験になりました。

 

続いて、ヴォックをやってみます。スタートからの一手目がつらいですが、ガバなので届いちゃえば何とかなる感じだと思いました。

あれこれ触っていると、レジェンドM氏が登場しました、、、まさかこんな日に?と思ったので驚きましたが、ふらーっと皇帝岩を見回りして去っていきました。

 

その後、上手く一手目が取れたトライで登れました。二手目?のガバが取れれば落ちることはなさそうなので、ソロでも安心でした。

戻る際にようやく、言葉と物の岩を発見しました。少しトライしてみたい気もありましたが、先客の本気トライの雰囲気に押され、ホールドだけ確認。思ったよりポジティブに感じたので、挑戦してみたくなりました。

 

続いて、「美しき日」に向かいます。今日こそは落としたい。

因縁の初手ポッケを触ると、前回より持てません、、、太ったからなのかコンディションのせいか、あんなに楽に取れたカンテがきつい。

 

まずは初手取りを安定して取れるように練習しないとだめですね。あれこれ触っていると、ようやく初手取りのコツが分かってきました。

しかし、小指が限界で裂けて終了、、、余力はまだあったので、「コールドスリープ」をやってみることにしました。

 

なぜかこの課題、地味な割りに体力を消耗しますね、、、途中でソロクライマーの人もやってきました。ソロクライマー同士ならまだ話しやすいです。歯列矯正しているせいで滑舌が悪いので、どうも会話を避けちゃうのは良くないですね。

 

ヘロヘロになりながら何とか完登できました。ついでに「ハイパースリープ」もトライ。残念ながら登れなかったですが、余力があればいけそうです。次回、美しき日をやるときに再挑戦したいです。

 

下山するとあたりはもう真っ暗で、私だけしかいません、、、今回はレンタカーを長めに借りたので余裕を持って帰れますが、道が暗くてあぶなかったので、もう少し早めに出ないとだめですね。

 

21時ぐらいに帰宅して終了。これだけ登る課題があれば一生楽しめそうです。

寒くなってきたので暖かい湯河原、城ヶ崎あたりに行ってみるのも良さそうですね。

ひさしぶりの瑞牆

新しくトポも出たので瑞牆に行ってきました。

指を痛めたりで3年ぶり?くらいで、アプローチもまともに覚えてません。

 

いつものようにソロで車を飛ばすこと3時間弱、みずがき山自然公園に到着。なんだかんだで御岳に行くのも2時間ちょいかかるので、それほど変わらない感じです。高速代がちょっと痛いですね、、、

 

登りたい課題はたくさんありますが、とりあえず昔登れなかった「美しき日」、「スラッシュフェイス」をやってみたくなりました。時間があったら「算術」「数列」もやってみたいです。

 

かなり寒い日で平日ということもあって、車は数台しか停まっていません、空いていて最高です。まず、美しき日の岩に向かいましたが、入り口で迷う、、、電線のようなものがあって、これどうしたかなぁと迷いつつ迂回しても入れるところがなく、無理やり脇道から突入。どうやら電線のあった入り口から入れば良かったようです。

 

トポを見ながらなんとか美しき日の岩に到着。先客が一組いましたが、まずはアップがてらに隅っこのスラブ4Qの課題をやってみることにしました。

4Qとはいえ、ちゃんとしたスラブ課題で足で登っていく感じです。岩場のスラブはやったことがないので、びびって手が出ません、、、怪我しそうだったので退散。

 

前回できなかった「普通の日」をやってみることにしました。最後のマントルを返すところに苦戦しつつ、なんとか登れました。少し柔軟性が上がったので、前に触ったときより余裕ができました。

 

続いて、美しき日をトライ。先客がいたので少しやりづらいですが、ムーブを盗めたのがラッキーでした。ひとりだったら絶対に気づかなかったですね。

ポッケからカンテの一手は、できるようになっていましたが、スタートから繋げると全然できません。

 

この課題は、一手目のポッケをどれだけしっかり保持できて、カンテに出せるかどうかかが大事な気がします。並外れた保持力があれば関係なしですが、コツ系の要素が大きいですね、、、何度かトライしていると、小指が裂けて終了しました。

 

かなりの時間トライしていたので、もう時間がありません。ダッシュでスラッシュフェイスをやりにいきます。ようやく到着すると、百鬼夜行をやっている先客が一組いました。

スラッシュフェイスをトライしようと準備をしていると、こちらに集まってきてしまってマシンガントライ、、、これは入る隙がありません、、、こういうときフレンドリーに入っていけるようになりたいですね。

 

遠い一手からキャンパで寄せるところがまったく出来ていませんでしたが、できるようになっていました。絶対にできないと感じた課題だったので嬉しすぎます。

暗くなり、先客の方も退散したところで、集中してトライ。時間もほとんどなかったですが、なんとか登ることができました。正直もう無理だと思っていたので、本当によかった、、、

 

ダッシュで下山して、休憩することもなく車をすっ飛ばして帰宅。レンタカーの閉店10分前のミラクルが起きました。こんなギリギリはもうやりません。

まだまだ触ってない課題もたくさんあるので、また行きたいなぁ。

台風前の御岳

想像していたより大きな台風でびっくりしました。

特に降雨量がすごくて河川の氾濫被害が出ているみたいですね、、、岩場の状態が心配です。

 

ということで、台風前にまた御岳に行ってきました。ちょうど前日も晴れていてコンディションも良さそうということで。

狙いは、前回落とせなかったネクロフォビアとタナトフォビアです。

 

前回は通勤ラッシュにハマってしまい3時間以上かかってしまいましたが、今回は少し早めの6時に出発です。またもや興奮してしまい眠れませんでした、、、

ここ数日猛烈に空腹感が襲ってきて、暴飲暴食してしまいました。前回、手応えがだいぶよかったので、減量しなくてもいいという甘えが、、、

 

途中で少し渋滞にハマりましたが、9時過ぎに到着。

ロッキーボルダーを通ると、数人がInTokyoをやっていました。登りたい課題の一つなので、いずれ登りたいです。

 

途中、忍者岩を見てみると前回より水位が下がっていたので、忍者返しもできそう。チッピング後の忍者返しをやろうか迷いましたが、温存します。

御岳洞窟に着くと誰もいません。さすがに誰かいると思っていたので意外です。

 

さっそくネクロフォビアに取り掛かります。岩のコンディションも湿ってないし、いい感じ。

が、明らかに体が重いです。ここ最近調子に乗って食べまくっていた自分を恨みます。

 

なんとかバラして繋げに入ると、意外と悪い、、、スタートから遠い一手に入ると、体のポジションが変わるので、微妙に感覚が変わってきます。

そして前回湿っていたときより、左手ガバの持ち感が少し違うような、、、

 

何度か打ってようやく完登できました。まだ余力はだいぶ残っていたので、タナトフォビアに挑戦です。

少し舐めていましたが、ネクロフォビアに合流するクロスムーブがかなり強度が高いです。早く落としたいがあまり、マシンガントライしてしまい一気に消耗してしまいました。指も裂けて出血です、、、

 

これではだめだと冷静にムーブ解析、、、何度か繋げトライをしましたが、ネクロフォビア合流後の遠い一手を止めることはできませんでした。

もっと冷静にムーブを組み立てればよかった、減量しておけば…と反省です。

15時になったところで今日は退散です。敗北。

 

いつもの壱発ラーメンで、ネギチャーシュー麺と、初めてのぷるんぷるん飯を注文。通称、ぷる飯は丼で来てびびりました。お腹がはち切れそうになりましたが、なんとか完食。

 

次回はタナトフォビア落としたいなぁ。

1年半振りの御岳

指が治ってからようやくジムに通えるようになりました。3月からジムに通い始めたので、さすがに春のシーズンはスルーするしかありませんでした。

それに再開してからすぐまた違う指を痛めてしまっており、思うように登れていませんでした。

その指もようやく良くなり、体も戻ってきたので、ひさしぶりに御岳に行くことにしました。

 

少し遅めの6時半に出発。通勤ラッシュと重なり、渋滞にハマってしまいました。この時間に行くの初めてだったので、こんな渋滞になるとは思いませんでした…。

到着したのは10時過ぎでした。なんと3時間以上かかってしまいました。

 

寒山寺に到着すると、路面は濡れています。どうやら雨が降っていたようです。気温も30度近くあり、なかなかコンディションは悪そうです。

でもひさしぶりの岩ということでテンションが上がります。

 

裏御岳に行ってみたいと思っていましたが、以前少し触ったことのあるネクロフォビアをやってみることに。

いつものようにロッキーボルダーを通ってInTokyoを触ってみます。ビショビショですが、思ったより悪く感じません。いつもまったくもてない感覚だったので、イメージが少し変わりました。

 

ネクロフォビアのある岩に向かう前に蜘蛛の巣がすごくておどろきました。しかも、なかなか大きい蜘蛛ばかり。この時点で先客は誰もいないことを察します。

 

ついでにチッピングされたとの噂の忍者岩を見てます。川の水量が増えていて、忍者岩の近くまで迫っています。ぎりぎり忍者返しが打てるくらいで、亀返しは普通にできそうです。

忍者返しの二手目のガスホールドは壊されてだいぶ悪くなった感じです。虫でも使うホールドなので、これで登るのはかなり難しそうです。

また、虫のフットホールドや、蟹で使うホールドはもてないレベルに壊されていますね…。

なんにせよ、せっかく虫も完登し、蟹虫を登ろうと思っていたので少しショックです。打ち込む前だったのが救いですが…。

 

ネクロフォビアがある岩に到着すると、最近打ち込む人が増えたのかバッチリ下地が整備されていました。肝心の岩はビショビショでしたが、なんとかチョークを付けて磨けば登れそうです。この岩は風通しも悪いし日陰なので、なかなか乾きにくいんですよね。

 

30分ほどかけて頑張って磨きましたが、岩から染み出してきてすぐ濡れてしまいます。水も滴り落ちているという…今回はバラしだけやってみることに。

以前打ったときは、まさかのマントルを返せずに撃沈してから無かったことにしていました。

 

核心の遠い一手をやってみることに。想像以上の傾斜を感じますが、濡れているにも関わらず、もち感は悪くないです。以前はこの遠い一手を取るのに足が切れてしまっていましたが、今回は足を切らずに取れるようになっていました。

傾斜の中でも思ったより動けるようになっており、なぜか成長を感じます。2、3年前にやったときは、かなり減量をしていたのでフィジカルが落ちていたのかもしれません。

 

しかし、あまりにも濡れているためつなげられる自信はないです。今度は乾いているときに来て、タナトフォビアと同時回収という夢を見て、鵜の瀬岩に向かうことに。

 

狙いは、鵜SDです。これは御岳に来て帰り際に必ずやっている課題で、最後に指をズタズタにしながら敗北感に浸って帰るという課題です。

この岩は日なたにあるせいか乾いています。ひさしぶりに触ってみましたが、相変わらず悪いです。まだ余力は十分あるはずですが、悪すぎます。どう考えても初段をこえていますw

 

少しコツが分かったところで、急に大雨が降ってきました。1時間ほど雨宿りして、再挑戦しますが、さすが前日寝ないで来ていたので、体力が限界を向かえています。

最後の力を振り絞りますが、核心の一手を止めることができず、結局落とすことができないまま終了。この課題とも長い付き合いになりそうです。

 

いつもの壱発ラーメンに寄って帰宅です。大盛りにしてしまったので、かなりきつかった。

やっぱり外岩は楽しいなぁ。

指がほぼ治った話

最後の投稿から1年ほど経ってしまいました。

自分の日記を見返してみると何とも恥ずかしい気持ちになりますなぁ。

 

お仕事はまったく順調ではないですが、アプリの広告収入のおかげでなんとか生活できている感じで。家庭の事情でお仕事をするモチベが一気に無くなってしまいました。人生なにがあるか分かりません。

しばらくお仕事から離れている生活をすると、なんだかんだ言ってお仕事しているときが充実してた気がします。

 

そしてタイトルの指が治った話ですが、ほぼ治りました。無理をすると違和感や動きが悪くなるときもありますが、痛みなどはほとんどありません。

 

治ったと思い始めたのは今年の1月くらいです。

去年の7月から完全に登ることはやめており、負荷をかけるようなことは一切してませんでした。

11月になり、腫れが引いてきましたが、負荷を少しでもかけると痛みがある状態でした。腫れが引いてきたので、指のストレッチを始めました。

 

指を内側に曲げるストレッチ

下記の記事のようなストレッチで、指を内側に曲げて、Yの字にするようなイメージで指で押します。強くやりすぎると痛みが出たりするので、無理しない程度にした方がいいです。腫れてるときにやってはいけません。

これは以前同じように指が腫れたときに整形外科の先生に教えてもらった方法です。お風呂などで、温めたあとにやると痛みも減ります。

前回痛めたときはこれで治りましたが、今回は一向に良くなりませんでした。

thirteen-k346.hatenadiary.jp

指の腱を伸ばすストレッチ

上記のストレッチではあまり改善しなかったので、指を曲げるストレッチだけではなく、伸ばすストレッチを取り入れました。

指の先を持って、腕を伸ばすストレッチです。前腕につながる腱が伸ばされれる感覚があって気持ちいいです。

machicon.jp

 

伸ばすストレッチを取り入れたところ激的に良くなりました。もしかすると、時間が経って勝手に治っただけかもしれませんが…。

1月になってから指に負荷をかけても、痛みが出ないことに気づきました。治るまでに半年かかった感じです。

そういえば、痛めていた肩も治っていました。

 

そこから徐々にビーストメーカーを使って負荷をかけつつ、懸垂を始めたりしました。

3月になってからようやくジムに復帰できました。

フィジカルはかなり落ちておりましたが、ビーストメーカーや懸垂をしていたので、ものすごく登れなくなったような感じはありません。筋肉が落ちて体重が減った分、体は軽く感じました。

保持力や体幹が必要な課題はまったく登れなくなっており、足の使い方の衰えを特に感じました。

 

最初は登ると指に違和感や若干の腫れがあったりと不安でしたが、今は以前のように普通に登れていて、腫れたり痛くなったりすることはありません。

注射を打っても一時しのぎであり、指を痛めたら安静にするのが一番だと思いました。

お仕事マン

よくよく思い返すと、前回御岳に行ったのは6月だった…。

4月は指にまた注射打ってずっとレストしてたんだ。そしてレスト明けに御岳へ行ったんやったー。

 

指の注射は1月に打ってから2回目になるのだけど、打ってから1ヶ月ぐらいで痛みはなくなるが、登ってると1〜3ヶ月程度で再発する模様。正直、根本から治す必要があるのか、もしくはもう治らないと思った方がいいかも。

 

そんなこんなで、注射を打たずに治るまで登らないことにした。3ヶ月レストして日常生活ではまったく意味は感じないが、指に負荷をかけると痛みを感じる。おそらく、また登り始めたら腫れるだろう…。

 

その間やることもないので、仕事をする。案外やることはたくさんあって、ボルダリングやってた時は全然仕事してなかったなーと思う。疲労感で仕事への集中力も下がるしね。

 

ラッキーなことに仕事も上手くいっているので、個人事業主から会社にしてみることにした。法人成りすると2年は免税されるし、給与所得控除もあるので節税になると思ったからだ。

 

上手くいかなかったら辞めて派遣プログラマーでもやります。というか、一人でこもって仕事するのが嫌だから、最初はそれがやりたかったんだけどね…。

結果的に今の生活を続けなきゃいけなくて正直しんどい。

でも他にやることもないし、お仕事がんばろ。