香川 川福

大会最終日の決勝に間に合うように始発の新幹線に乗り込む。すぐに駅弁を完食して爆睡…気づくと新神戸に着いていた。

初日と同じように電車に揺られ、あっという間に会場に着いた。

無事に決勝も終わり、ほっとした。何事もなく終わってよかった…。

 

そのまま東京へ帰ろうと思ったが、せっかくなので香川県に寄ってうどん屋巡りをすることにした。前から一度来ようと思っていたのでちょうどいい。

三宮から高速バスに乗ってしまえば、高松まで3時間くらいで着く。30分間隔で出ているので使いやすい。高松までで3700円だったかな。

 

バスに揺られながら20時に高松駅に到着。夜でもやっているうどん屋をピックアップしておいたので、一度ホテルに寄ってから散策に向かう。

駅前の小奇麗な商店街を通って、「川福」というお店を目指した。

 

 

さすがに20時を過ぎると居酒屋ばかりで普通の食事が出来るお店は少ない。やたら骨付鶏の看板が目立って気になっていたが、どうやら香川は骨付鶏も有名らしい。気になったが、一人で居酒屋に入るのは躊躇する…。

 

そんなこんなで目的のお店に到着。なにを注文しようか迷うが、夜だったので軽くさっぱりしたものが食べたくなった。

変化球で夏限定の和風冷麺を食べてみることにした。冷やし中華のような感じで天ぷらが乗っているようだ。

f:id:karac:20170908204939j:plain

麺はツルツルシコシコで喉越しは最高だ。(通ぶって
一瞬で完食してしまって物足りないが、明日はうどん三昧なのでこんなものにしておく…。