小川山に行ってみた

2017年

 

ようやく雨の日も少なくなってきたと思えば、急に冷え込んできた。御岳はまだ当分通うことができそうだけど、雪が降るような寒さになったらスタッドレスではないときつそうだ。カーシェアリングノーマルタイヤなので御岳に通うのは少し不安…そもそも雪降って登るモチベはないか…。

 

今のうちに気分転換で小川山か瑞牆に行ってみようと思いつく。小川山は5年ぐらい前に行ったきりなので、久しぶりに行ってみたくなった。

とはいえ、3時間オーバーと一人の高速道路が少し不安だけど、行きたい気持ちが勝った。慣れれば行動範囲もグッと広がる。

 

ETCカードを事前に申し込んで、準備はバッチリだ。

レンタカーを借りた方が安そうだったけど、ここはいつもの慣れた車の方が安全だと思って、カーシェアリングで4時すぎに出発!

 

首都高に乗り、中央道を使って須玉まで行く。思ったより道は空いてて道幅も広かったのでスムーズに行くことができた。あとはひたすら下道を走って小川山に向かうだけだが、ナビに従わず脇道に入ってしまったがため、迷ってグルグルしてタイムロス。

結局9時過ぎに到着した。なんかめちゃくちゃ時間かかったね…。

 

山荘はもう閉まっているようで、トイレも使えないようだ。そのためか停まってる車も少ない。まずはクジラ岩に向かうことにした。

目標は一通りクジラ岩の課題をやってミダラを落としたいところ。

 

平日とはいえクジラ岩は人気で人がけっこういる。まずはアップがてらに穴社員をトライ。昔来たときにはまったく出来ずに敗退したが、なんとか落とせた。御岳ばかり行っていたせいで花崗岩が慣れない…ザラザラしてるが弾くような感じで全然持てない。

 

次に三大クラシック課題のエイハブ船長をトライ。上部のヒザを使うムーブがこわかったが、なんとか落とせ。力づくのマントルで死にかける。

 

勢いに乗って穴社長をトライ。指を痛めているのでやるか迷ったが、これがいけなかった…。まったく出来ない…涙

正直少しなめていたのかもしれない…。

 

他の人のトライや動画を見て、タワラ持ちを試すとめっちゃ持てることに気づいた。人が増えていく中、焦って無理くり登ろうとしたところ痛めていた指からバキバキという感覚が。指をさらに伸ばしてしまったようで、みるみるうちに腫れてきた。最後はポッケも持てなくなり終了。

 

途中で現れたプロクライマー二人組みはあっさりと落としていった。強いのにいやな感じもしないし高感度アップ。しかし人に見られる立場の人は大変そうだ。

 

15時過ぎていたので帰りのことも考えて早々に退散。夜道は真っ暗で中央道に乗るまでこわかった…長坂で乗るのもありなのかな〜。

帰りの首都高は事故があったようで大渋滞。21時にようやく到着した。やっぱり遠出は疲れるけど、久しぶりの小川山は楽しかった。

 

そして指が心配だ。