指に注射した話

2017年

 

ここ最近は目標の課題も落とせて調子がいい。もっと外岩に行きたい…でも痛めた指は相変わらずパンパンに腫れている。ちょうど時間があったので指の専門医で診てもらうことにした。

 

超音波装置を使って指を診てくれるらしいが、たぶんステロイド注射されるんだろうなーとは思いつつ、車を走らせた。

病院に着くと待合室は人であふれていた…。どうやら午前中に手術があった関係で、めちゃくちゃ混んでいるらしい。

 

まあ、1時間もすれば周ってくるだろうと思いつつ、受付を済ませる。1時間経った…まだ人はたくさんいる。2時間経った…少し減ってきた。さすがに時間がなくて帰っていく人もいた。3時間経った…ようやく名前が呼ばれる。

 

あれこれ事情を説明すると、まずレントゲンを撮る。どうやら折れた跡があるとか。第一関節を曲げた状態で、第二関節を反らせたため剥離骨折を起こしたということらしい。と言っても、痛めて1年以上は経つし骨折は治ってるわけで、やはり炎症が原因とのこと。最初に痛めた時に安静にしていれば良かったのかもしれない…悔やまれる。

 

このままの状態では激的な改善はないらしく、案の定、注射をすすめられた。迷ったが、あまりにも痛いのでやってみることにした。めちゃくちゃ痛いと聞いたが、全然痛くない。超音波で指の中を診ながら打ってくれるので安心だ。

 

3ヶ月ほど効果はあるが、このままクライミングを続けるのはだめと言われ、しぶしぶ長期レストすることにした。目標の課題も落とせたので、今年はこれでいいかという気持ちもある。

 

注射してから三日経つが、まったく腫れはおさまらない。むしろ注射したせいで余計にジンジン痛む…。一週間ほど経つとだいぶマシになってきて、腫れていた指の動きがよくなってきた。三週間経つと、驚くほど良くなっていた…というかほぼ治っている。一ヶ月後に再診があるので、もう少し辛抱する。

 

ライミングをやらない時期はひたすらモリモリ飯を食い、やることもないので仕事をする日々。家からほとんど出ることもなく、ひたすら仕事に没頭する。クライミングを始める前はこんな感じだったなーと思い出す…いいのか悪いのか。

 

ようやく一ヶ月経って病院に行くと、登ってもいいとOKが出た。ついでに3ヶ月前に痛めていた肩にも注射を打ってもらう。もう痛いならさっさと注射した方がいいよね状態。

 

それからさらに二ヶ月、狂ったように毎日登り続ける。人生で一番登っている気がする。おまえまた調子に乗ってるのか?と言わんばかりに、また指が腫れだしてくる…と言っても前より全然マシで我慢できるレベルだが…。さすがにちゃんとレストとケアは必要かもしれない。