御岳で虫

次の週も御岳に行くことにした。午前中は涼しいし風もあるので、まだまだ登れそうだ。去年も7月頃まで登れてたから当分通えそうだ。

 

前回と同じく7時過ぎに到着。この時期は釣り人が多いのか車がたくさん止まっている。いつも通り忍者岩へ向かうと、今回も一番乗りだ。

早朝のせいか、岩はしっとりしていてフリクションはあまり良くない。なぜか朝イチだと湿っていることが多いので、無理せずゆっくり登ることにする。

 

まだ余力があるうちは力で無理やり寄せることができるのだけど、ヨレてくると寄せが止まらなくなってくる。もう少し下半身を使って寄せたいのだが、股関節が固い自分には足がパツパツすぎてキツイ。ここは焦らずに楽に登れる方法を探すことに集中する…。

 

何度がトライをしていると、またもや右手がすっぽ抜けた状態でリップが止まった。今回はマットもたくさんあったので、マントルを返してみることに。リップから左手を上げ、ホールド触ると去年登った時と違う感覚に焦る…全然モテないぞ…。

無理やり左足を上げ、マントルの態勢に入る、左手をプッシュしたいがモテない感覚が残っているせいか、信用できずモゾモゾ。左足も信用できなくなって、置き直そうとした瞬間滑って落ちた。

 

マントルを一発で返せたのは奇跡だったのだろうか…本当に去年登れたのはまぐれだったのかもしれない。もう去年のことは忘れて、初めて登る気持ちで挑むぞ。

 

帰りはいつものラーメン屋に寄って帰る。